真剣に働くこと。真剣に人と向き合うこと。その楽しさを教えられる社員になる。

「成長で返す」その言葉に入社を決意

大学1回生の時に、友達に誘われたのがきっかけでWINのお店でアルバイトをはじめました。まず感じたことは、とにかくスタッフの皆がアツいこと。始業前のミーティングで声出しをしたり、店内の仲間に感謝の気持ちを伝えたりと、仕事に対して真剣に打ち込める環境が刺激的でした。そんな中で働くのが楽しくて、大学生活の4年間アルバイトを続けました。就職活動を考えはじめた時に、ずっと面倒を見てくれた店長から「成長で返すから社員にならないか」と声をかけてもらい、入社を決心しました。

人と真剣に向き合う大切さを学ぶことができた

お客様と向き合うことを通じて相手のことを深く考えられるようになったことが、アルバイトでいちばんに学べたことだと感じています。4回生の時にアルバイトリーダーを務めさせてもらったのですが、新たに配属された店長とアルバイトの間で意思疎通が上手く図れていないことがありました。自ら率先して間に入り、お互いの意見を橋渡しする役目を担うことで店舗がスムーズに運営できたことは大きな自信になりました。人と真剣に向き合うことの大切さを教えてくれた環境には本当に感謝しています。

人間的な成長を教えられる社員になりたい

いま社員になって思うのは「アルバイトの人たちと深い信頼を築けるようになりたい」ということ。自分が店長や社員に対して感じていた、かっこいい大人の姿を見せられるように一日でも早くなりたいです。そのためにも、まずは自分が率先してスタッフ同士が意見でも言い合える環境づくりを進めていきたい。目の前の仕事に追われるだけでなく一人ひとりに目を向けて、後輩やアルバイトに人間的な成長を教えられる社員になることを目標に頑張ります。

PAGE TOP

失敗から学んだほうが成長できる。そんなチャンスがここにはある。

人生でいちばん人として向き合ってもらえた

アルバイト情報誌を見ていて、目に止まったのが鳥貴族でした。思い浮かんだのは、黄色の看板でいつも活気にあふれているお店というイメージ。「楽しそうだし受けてみるか」と軽い気持ちで働きはじめましたが、そんな自分はすぐに打ち砕かれました。社員だとかアルバイトとか関係なく、怒られる時は本気で怒られる。褒められる時は本気で褒められる。大学生活では感じられなかった、人として真剣に向き合ってもらえることに感動しました。

店長として通用しなかった経験を成長に活かす

アルバイトをはじめるまでは、ネガティブな人間だったと思います。そんな自分に対して、どんどんチャンスを与えてくれる。大学3回生の時にはアルバイトリーダーを任されるようになり、自分に自信もつきました。4回生の時に任された尼崎店の店長を、たった3か月しか務められなかった悔しさも大きな糧となっています。尼崎店は大型店で、店長は監督として全体を見渡す必要があったのですが、僕はプレーヤーとして目の前の仕事に重きを置いてしまった。自分のスキルが足りないことを教わったと同時に、店長としての働き方を学べたいい機会となりました。

自分のことだけ考えていては成長はない

現在は社員となり、阪神エリアのマネージャーを任されています。ひとつの店舗ではなく、たくさんの店舗を管理する必要があります。僕が出したい結果は、スタッフが辞めない店舗をつくることです。社員やアルバイトと分け隔てなく、想いをひとつにできる環境づくりをしていきたい。尼崎店の店長経験で学んだ全体を見渡す目線を大切に、阪神エリアをひとつにしたい。働く自分のことだけでなく、仲間のこと、他店のことなど幅広い視点をもって考えられるスタッフを育てて、会社の成長に貢献できる社員になることが目標です。

PAGE TOP